ピアノ査定 買取鑑定

《ピアノ査定 買取鑑定》ピアノ買取業者が必ずチェックするポイント!

自宅のピアノを1円でも高く売りたい方へ!ピアノ買取業者が査定時に必ずチェックするポイントとは!

ピアノ査定 買取鑑定

長年使っていたピアノをなんらかの理由で手放すことになった場合、ピアノ買取業者に査定してもらうことになりますが、どうせならできるだけ高く買い取ってもらいですよね。

 

ピアノ買取業者が査定時にチェックするポイント(モデル名(型番)・製造番号・メーカー・ペダルの本数)は大体決まっているので、依頼する前に確認しておくといいでしょう。

 

ちなみに、“モデル名(型番)”は、アップライトピアノの場合、天板の蓋を開けると、正面中央より右側あたりに金属板があり、アルファベットや数字が印刷されています。(ヤマハ:U1、U2、U3、カワイ:BI、KU、KI など)

 

グランドピアノの場合だと、譜面台の下の金属フレームに表記されているので、大屋根を開け鍵盤側から覗き込む必要があります。“製造番号”はモデル名と並んで、4桁から7桁の数字が表記されています。

 

また、“メーカー”は鍵盤の蓋の裏に表記されているので、鍵盤の蓋を開けて、内側を見ればわかるようになっています。もし、自分で見てわからないようであれば、事前にピアノ買取業者にその旨を連絡しておくといいでしょう。

 

これらのチェックポイントを確認した後は、ピアノを1円でも高く売るための準備をしましょう。

 

一番簡単な方法は“しっかり掃除して新品に近い形に戻しておく”ことです。経年劣化は仕方ありませんが、ホコリをとったり、専用のクリーナーなどで拭き取ることで驚くほどきれいになります。

 

普通に使っていてつくつような傷ならば、査定のマイナス要因にはまずならないため、気にする必要はありませんが、大きなダメージがある場合は、査定額が下がってしまうことがあります。

 

ただ、修理にだすと、査定額よりも修理代のほうが高くついてしまう場合もあるので、そのままにしておくか、気になるようなら、事前に買取業者に確認しておくのがいいでしょう。

 

あと、ピアノを高価買取りをしてもらうために一番大事なことは、1社の買取業者だけでなく、複数のピアノ買取業者に査定してもらうことです。

 

実際、ピアノ買取業者によって、査定の方法(特定のメーカーは高く買い取ってくれるけど、他は安くなるとか)や買取金額は大きな違いがあります。

 

とはいっても、1社1社個別に査定依頼するのは面倒なので、1回の入力で、複数業者(※)に一括査定できるズバットピアノ買取比較を利用するのがおすすめです。

 

※ モーツァルト、ぴあの屋ドットコム、阪神ピアノ運送、ウエダ楽器、ピアノリサイクルシステム、ピアノバンク、ドレミ楽器、ピアノコレクション、ジャパンピアノサービス、浜名楽器、ドレミファ急便、サンフォニックス、グランドギャラリー、ユニオン楽器、全国電子ピアノ買取サービス、塩塚総合商事、富士楽器、ピアノプラザ、ピアノファクトリー(エコファ宅配買取)、B.B.Music 電子ピアノ再生工房、三木楽器、サイバーミュージック、ハルナ楽器、ピアノプラザ群馬、株式会社paprica、株式会社総合ピアノサービス(2016年9月16日現在、26社)

 

「ズバットピアノ買取比較」では、パソコンやスマホから必要事項を入力するだけで最大5社に無料で査定を依頼することができるので、簡単に、一番高く買い取ってくれる業者を選ぶことができますよ。

 

ズバットピアノ買取比較の公式ページを見てみる